INTRODUCTION

日本中を席巻し、韓国映画界のハリウッド進出の礎となった、あの『シュリ』から14年。韓国スパイアクションは更なる進化を遂げ、衝撃とともに日本に上陸する。

  • 陰謀と欲望渦巻く、東西冷戦の象徴“ベルリン

    ベルリンの高級ホテルでの武器取引を描いた手に汗握るオープニング・シーンから、観る者を一気に引き込むストーリー展開。監視、盗聴、尾行は当たり前の両陣営の息づまるスパイ戦を発端に、アメリカ、イスラエル、アラブ組織が絡んでくるプロットは先読みを一切許さない。緻密に練り上げられた物語は、周到な伏線やトリックが随所にちりばめられ、驚愕の結末へと向かう。まさに映画史上に残るハイブリッドスパイアクションが誕生した。
    物語の背景は、現代のドイツ首都ベルリン。東西冷戦時代には世界各国のスパイが暗躍し、諜報戦を繰り広げたシンボリックな古都を舞台に、痛切な歴史を背負った韓国と北朝鮮の秘密諜報員たちの熾烈な攻防を描き出す。東アジアからヨーロッパへと闘いの場を移し、なおかつキム・ジョンイルから息子のキム・ジョンウンへと権力が世襲された朝鮮半島情勢の“今"を視野に入れたその内容は、このうえなく大胆にしてスリリング。大規模なヨーロッパ・ロケを敢行した映像の壮大さ、重厚さと相まって、空前絶後の見応えを観る者に約束する。

  • 究極のキャスト&監督が仕掛けた罠

    騙し合いと裏切りのサスペンス、国際的な謀略のミステリーに濃密なエモーションを吹き込むのが、豪華キャストのアンサンブル。正体不明な“ゴースト"と呼ばれる北朝鮮諜報員ジョンソンには、『チェイサー』の実力派俳優ハ・ジョンウ。その美しくも秘密を隠し持つ妻ジョンヒ役は『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン。さらに『シュリ』のハン・ソッキュがスパイ・ジャンルへの待望の本格復帰を果たし、韓国エージェント、ジンスを熱演。また、監督&脚本を『クライング・フィスト 泣拳』『生き残るための3つの取引』などストーリーテラーとして名高いリュ・スンワンが手掛け“ワールドクラス"のエンタテインメントとして作り上げた。

  • Prev
  • Next